デザイナーズマンション賃貸 東京ナビ > 賃貸契約基礎知識 > 契約 :「重要事項説明」と「賃貸借契約」のサインは慎重に!


賃貸住居の法律Q&A 困ったとき

Links         

  契約 :「重要事項説明」と「賃貸借契約」のサインは慎重に!

「入居審査」が通ったら、いよいよ「重要事項説明」と「賃貸借契約」にサインです。


まずは、不動産会社から「宅地建物取引業法」という法律に則って「重要事項説明」を受けます。


ただし、不動産会社の人が説明慣れして早口だったり、契約の直前と言うこともあって、よく理解できないままサインをしてしまうケースがあります。
これがトラブルのもとになったりします。


相手のペースに飲まれないように、マイペースでじっくりと書面を読みながら説明を受けましょう。


特に注意すべきポイントは、


○契約終了時の敷金の精算方法
○トラブルがあった時の連絡先
○電気・水道・ガスのライフラインの整備状況


以上、確認して納得できたら、「重要事項説明」にサインします。


次は、「賃貸借契約書」です。

チェックすべきポイントは、「金銭面」です。

とにかく、敷金の精算方法については、事例を挙げて細かい部分まで決めておきましょう。


例えば、普通に使用していて経年による壁紙の汚れやフローリングの傷は、入居者に原状回復する義務があるのか、などです。

また、賃料や更新料、火災保険についてもきちんとチェックしておきましょう。


以上、確認して納得できたら「賃貸借契約書」にサインします。


入居開始日が決まったら、次は引越し業者の手配ですね。


引越し達人セレクトで安い引越しをしよう!


楽天市場/家具・収納・インテリアなど激安商品満載!
Yahoo!ショッピング/家具・インテリアの売れ筋商品はこちら







This website is powered by Movable Type 3.2