デザイナーズマンション賃貸 東京ナビ > 賃貸契約基礎知識 > 賃貸基礎知識 : 賃貸物件契約にかかる費用について


賃貸住居の法律Q&A 困ったとき

Links         

  賃貸基礎知識 : 賃貸物件契約にかかる費用について

◇仲介手数料


部屋を借りる際に、借り主が不動産会社に支払う手数料です。
通常は家賃1か月分ですが、0.5ヶ月のところもあります。
仲介手数料が安くても他の費用が割高だったり、サービスが悪かったりするケースも考えられますので、安さだけで契約するのではなく支払う総額やサービスなど、総体的に考えて契約することが大切です。


◇礼金・敷金


【礼金】
大家さんに「お礼」という名目で支払うもので、返還はありません。
関東では通常家賃の2ヶ月ですが、最近では礼金なしの物件も出てきています。
また、家主が公的な資金の借入れによって建築した物件は、礼金が禁止されています。
関西にはその慣習はありません。


【敷金】
契約時に預けるもので、原則的に借り主の家賃不払いに充当したり、
退去時に※原状回復義務に基づく補修費を差し引いた額が、借り主に戻ってきます。
通常は、家賃の2〜3ヶ月分。
関西エリアでは、『保証金』とも言います。


※原状回復義務
借り主が故意・過失により行った賃貸物件の損傷・変更部分を元の状態に戻す義務のことです。
その費用は、敷金・保証金の中から差し引きます。
ただし、通常使用範囲内での劣化等は含まれませんが、厳密な区分が難しいため貸し主と借り主の見解の違いもあり、退去時のトラブルとなったりします。
お部屋を借りる前に、管理会社にきちんと確認しておきましょう。


ご参考までに国土交通省のホームページで、原状回復義務で検索すると「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(改訂版)」を入手することができます。


また、礼金・敷金は、法律で定められたものではなく、古くからの慣習として行われているので、地域によって考え方の違いがあります。
関西・九州では、【敷引き】という慣習があります。
【敷引き】とは、契約時にあらかじめ額を決めておいて、退去時に敷金(保証金)から自動的に差し引かれるシステムです。


例えば、敷金5ヶ月 + 敷引き3ヶ月という契約の場合、返還されるのは敷引き分を除いた2ヶ月分となります。


◇前家賃と日割り家賃


家賃の発生日が月の途中の場合は、原則として日割り家賃となりますが、家賃の発生日が月末に近い場合は、さらに翌月1ヵ月分を併せて支払う場合があります。


◇火災保険料


火災保険に加入することが入居条件になっている場合がほとんどです。
掛け捨て型の損害保険で、契約期間と同じ期間で保険をかける場合が多いです。
中途退去の時は、保険も解約できていくらかの保険料が戻ってきます。


◇鍵交換費用


入居する時に新しい鍵に交換する費用。
防犯対策上、鍵交換は必ずやっておきましょう。


楽天市場/家具・収納・インテリアなど激安商品満載!
Yahoo!ショッピング/家具・インテリアの売れ筋商品はこちら







This website is powered by Movable Type 3.2